パナソニックヒルクライムin伊吹山 参戦記 2009年4月5日





岐阜県不破郡関ヶ原町伊吹山ドライブウェイ で行われる「パナソニックヒルクライム」に参戦してきました 

参戦したのは 学年は違うが同い年ひでじさん 最近成長著しいミッチー  紅一点スージー  早朝野球のクメケン そしてお気楽いし隊長の5人です



一週間前の予報では雨でした、しかし今日は見事に晴れマークびっしり!  心配していた雨は降りそうに無く、自転車日和となりました






スージーのスタートが早いので日の出前の朝5時過ぎに
出発したミッチー&スージー、現地到着は6時過ぎくらいでしょうか








その頃クメケンと隊長は待ち合わせ場所の刈谷ハイウエイオアシスで合流。クメケンは早朝野球の開会式に出場したそうです

んん?クメケン、野球のユニフォームのまま伊吹山を上るのかい?










ユニフォームの下には、なんと!サイクルジャージを着ていた!
野球おやじと自転車おやじの二束のわらじを履くおやじ、とても真似できんなぁ〜












自転車を積み込み、高速に乗って関が原ICに向かってGO!
時間は6時半過ぎ、はぁ〜・・眠いです・・・眠くて顔もブレてしまっています

そういえば、先週から高速料金が¥1000乗り放題なので出費が抑えられて助かりますね
ずっと続くといいな〜










その頃ミッチー達は先に出走するージーのUPがてら、関が原の古戦場跡に来ていました










不思議なモニュメントがあったそうです。
武士の兜をかたどったモニュメントでしょうか?











一時間15分程かかって到着しました。駐車場はあっと言う間に満車ですね











一人で来てる人や、たくさんの人と自転車積んで来る車、関西方面や東海地方のナンバーなど様々でした。
それにしてもミニバンの比率が高いですね












その頃スージーは受付を済ませ、ゼッケンを貼っていました
いよいよ気分が高ぶってきて、どきどきだったでしょうか?








クメケンと隊長は、スージーがスタート間近でドキドキだったという事も知らず、のんきにお笑いをやってました

体力勝負はやはりこれを飲まなければ!↓

そうです、ドーピングです

これを飲めば24時間 自転車漕いでも大丈夫?


そこで正しいドーピングの仕方です




まず、足を肩幅くらいに開き、右手でドリンクを持つ
そして左手は腰骨のあたりに当てて微笑みながら飲む!










ではクメケンやってみましょう!

笑いながら飲む」のがポイントです
これであなたも24時間戦えます! 
     ・
     ・
     ・
ホントかよ!   良い子は真似しないでね











受付は長蛇の列でした。しかもクラス毎の列になっているが、どれがどのクラスなのか分からず右往左往してしまいました。










Road D なのに Road Cの列にならんでしまい
結局並びなおすハメに・・・案内をしっかりしてくれると
スムーズに行くのになぁ・・・








スージーを送り終えたミッチーとも合流し、スタートまでの移動する準備まで来ました。ここもすごい自転車と人です

















スタート場所の「伊吹山ドライブウエイ」まで一列に並んで移動。山頂での待ち時間が長いのでリュックに防寒着を入れて走ります。リュックはスタート地点で預け、山頂で受け取る仕組みになっています












ペースが速く、移動するだけで疲れました。

はぁ〜もう無理・・・











ここでも二度目のドーピングをするクメケン
48時間戦うつもりだろうか?? 












ミッチーも合流










ひでじさんも合流 でもみんなクラスが違うのでスタートがばらばらです











ミッチーとクメケンのスタートを見送っていよいよ自分の番です









スタートしました。










すぐ後にスタートしたひでじさんにあっさりと抜かれる
ゴールで待ってて〜!






まだ半分行ってない










コーナーを曲がればこんな景色が待っている













ほんの少し下りもある










でもコーナーを曲がるとその先には遥か彼方に道が見える
ニ之瀬が三つくらいある感じだろうか?









数え切れないくらいの人に抜かれ、のんびり漕いだ

あと4キロだ がんばるぞ!(頑張ってないけど)





その頃ゴールでは最初にスタートしたスージーがゴールし
次いでミッチーそしてクメケンがゴールしていた

ミッチーとクメケンは一時間10分切り 早い!
一時間切るのも夢ではない!

そしてスージーは1時間20分台 早い!

なんだかみんな早いぞ!







そしてひでじさんもゴール!
一時間10分台です! 早いです!
同い年とは思えない健脚ぶりです










ゴール後は、みんなでの喜びを分かち合っていたそうです
左はMTBで参加したスージーのお友達


華やかでいいな〜















楽しそうで・・・・




 いいなぁ〜!










そんな楽しい時間を過ごしているのもしらず、漕ぎ漕ぎしていると、最初にスタートした組が下山してきました













あのカーブを曲がればきっとゴールが見えるはずだ!と、希望的観測をしながら気持ちを奮い立たせて黙々と上る












ようやく見えたゴール、でも、あんなに小さく見える 
悲しい〜〜!しかも 伊吹おろしの風が強くて辛かった











あと200メートル!









ゴールすれば楽しいひとときが待っていると知っていたなら
鼻先にぶら下がったにんじんを追いかける馬のように頑張ったのに・・・!











ゴール付近のにぎやかな応援に迎えられて・・・





ようやくゴール!
 自慢できるほどの頑張りではないので控えめに・・・




そして隊長の結果は



なんと!クラスで後ろからベスト10入り!(注 後ろから数えてです・・)
タイムは1時間40分台でした  激遅っ! 
メンバーの中で最後尾は死守しました(泣)













そしてようやく楽しい仲間に加る事が出来たぞ〜!

アリモニの色に染まってきたひでじさん、
良い感じですよ〜!











記念写真を頼まれて撮影し・・・










記念写真を撮っているのをクメケンに撮られ
クメケンはミッチーに撮られ・・・撮影の連鎖ですね

写真を頼まれたチームは「サイクルショップりんきち」の皆さんでした。
写真はちゃんと撮れていたでしょうか?ちょっと心配です













そしてお礼に記念写真も撮ってもらい
わいわいがやがや喋り、楽しいひと時もあっと言う間に過ぎます
お陰で きつかった事も忘れますね











こんな感じです↑










ゴールから見える風景も素晴らしい! 完走できて良かった〜!













ゴール後の受付をする人で またもや長蛇の列!









スージーの発案で受付を手早く済ませて参加賞とバナナを貰い、チンパンジーのように↑食べて下山開始です

バナナは数千本用意したのでしょうか?スタッフのみなさんご苦労様です









下山する人でまたもや渋滞
早めに並んでよかった












道路脇には残雪がありますね
さすがに寒いです










下山は首が痛くなるくらい一気に下る
途中でスタッフのみなさんにお疲れ様と声を掛けてもらい、そして「ありがとうございます」と挨拶をして下りました

スタッフのみなさん。ありがとうございます。お陰で楽しめました。














そのまま駐車場へと向かう









到着です。良い天気です、しっかり日焼けしました











近くには桜も咲いている






ひでじさんとは別れ、養老SAでミッチー、スージークメケン そして久しぶりの再会をしたトミーと食事をして 帰路につきます

結果は散々だったけど、ヘタレなりに達成感を味わえました

そしてスタッフのみなさんありがとうございましたお陰様で楽しい時間を過ごせました。
来年もまた出たいと思います

最後に今回の写真提供は ひでじさん ミッチー クメケンでした
    ありがとう 感謝です!




今日も充実した一日でした!

さぁ、次はMTBで王滝です
楽しむぞ!





今回のルートです





一覧へもどる