N山ツーリング 2009年6月14日(日)





今週は自転車は休みだ〜なんて思っていましたが、前日の夜9時過ぎにノリの呼びかけにで急遽MTBツーリングに行く事が決定

いつも突然決まるのはアリモニバイクチームの特徴です





場所は三河地方の某山。
二週間前は長野の寒い山の中、先週は南の宮古島、そして今週は愛知三河の山、「よくもまぁ いろんなとこ行くよなぁ」なんて自分自身呆れながら「しとぽん」と一緒に集合場所へ向かいました。















この場所は今回で二回目になり、前回は下ってから上ったが、今回は上ってから下ることにした。理由は暑いからです

今日の最高気温は30度超えるそうなので涼しいうちに上っておきたかったのです。
暑い中でヒルクライムだと倒れそうですからね〜

車を四台止めると一杯になる場所に駐車し舗装路を行きます











  
逆さフィッシャーと田んぼ、のどかです・・・・











まずは三キロほどの下り、王滝走行後のメンテナンスもまったくやらずに放置していたバイクで快走!
そろそろメンテもやらないと・・・

この峠道、エンジン付きバイクがたくさん走ってます。気をつけましょう












舗装路の下りが終われば次は7キロ上りです。曲がりくねった道をクネクネだらだら上ります。この峠、三河のニ之瀬と呼んでも過言ではありません
交通量も少なく、ロードに乗るには最適な道ですね












今日のメンバーはノリ、しとぽん、イワタ、隊長です
アメリカ帰りのイワタは久しぶりの参加です。














グリコポーズで絶好調!















隊長の良きライバルしとぽんも絶好調!
















隊長、いつもの事ですが最後尾は死守します

ちなみに暑いのでメットは脱ぎました(たてまえ)
のろいのでメットなんて必要ないんだ!(本音)













一時間かかって坂の頂上まできました。ここでヒルクライム終了です
















しかしここからがまた大変!
押して担いで進みます
乗車率10%ってとこですね











延々と押します



















押しては休み・・・





















杉林の中、休んでは押します。メット背負ってサバイバルゲームみたいな格好で押します

この杉は林の中は花粉の季節にはとても来れませんね










一時間かかり、頂上へ到着!
前回来た時は小雨で眺めはイマイチでした。しかし今日は晴れ、眺めは良くなってました。

この時点でスタートしてから二時間が経過しました。お腹もグゥーっと鳴ってます。テーブルもある事だし、昼食にしよう!


今日はおにぎり三個、他のメンバーは弁当とか食べてました







前回はまったく見なかったハイカーも今日はたくさんいます。バイクをジロジロ見られ、大変だね〜と関心されてしまいました。














しばらくすると、ハイカーに混じってMTB乗りが数人登ってきました。バイクはFギヤ二枚、Fサスのストロークが160mmはあると思われるバイクでした。下り系ですね











さて、休憩後はお楽しみの下りです。

















楽しすぎて下りながら笑い出すイワタ、でもそれくらい面白かった














しかしこのルートは押しのポイントが二箇所ほどあります
この程度の押しは楽な方・・・・












こんな激坂も・・・MTBツーリングと言うよりはハイキングですね。
再生前に音量注意!













しっかりグリップするようにと靴底の泥を取り払った「しとぽん」


しかし、この斜面では効果なし








自転車と共にヘルメットを宅配で送ったが今だ届かず、しかたなく鍋ヘルを被ってきた隊長も押す!












辛い上りがあれば極上の下りもある!うっぷんを晴らすかのようにかっとぶ「しとぽん」










木の間をすり抜けるスリルはたまりません!

















ダブルトラックのように広いST、見通しが良いのでで安全です。しかしスピードの出しすぎに注意!


















楽しいぃ〜、やっぱMTBって最高だな!って会話が聞こえそうです










上って下ってを繰り返し・・・・









ベーコン前転地点へやってきた


こういう場所では「安全に走ろう」の意味を込めて
何故か決まって現場検証を行うアリモニ軍団!

まずはそれほど段差の無い場所でフロントが突き刺さり









前転!

忠実に再現しようと思ったが、
地面が泥だらけなので雰囲気だけで許してください!










そんなアホな事を繰り返して・・・


N山名物ドロップオフにやってきた











このルート初参加のノリとイワタにはビビッテもらった











迂回ルートもあるので、もちろんここは全員回避















ドロップオフの真下に来ると頂上にいた下り系の若者達がドロップオフをチャレンジしていた











下から見上げるとこんなに急です
って言っても写真では伝わらないですね〜残念!











さすが下り系、難なくクリアしてました














N山の後半は狭いSTが続きます
見通しの悪いコーナーはゆっくり進みます












いい〜感じのトレイルです









このあたりで残り1〜2キロほど








ここでしとぽんにアクシデント発生!






ま、まずい!熱中症か? とにかく休んで様子をみます
すずしい林の中で腰を下ろし、水分補給して回復を待ちました











体調が回復したしとぽん、あと少しだ頑張れ!










ガードレールが見えれば終了!












舗装路でデポ地まで戻ります















セクシー着替えのしとぽんは木陰で半ケツ!












急決まった山サイクリングでしたが、今日もハードで楽しい一日だったな〜!










家に帰って洗って干して本日終了!


走行データです
走行距離 たったの26キロ!押し&担ぎ4キロ弱
スタートからゴールまで約5時間(相変わらず休憩が多いです)
押しと担ぎ多いので距離の割には疲れました

でも楽しかった〜!  また行くぞ〜!










一覧へもどる