'09 JAPAN CUPサイクルロードレース観戦記 2009年10月26日




’09 JAPAN CUPサイクルロードレース観戦のため10/25,26と栃木県宇都宮市まで行ってきました。
http://www.japancup.gr.jp/

去年からサイクルロードレース観戦にハマってしまい(なぜかカミさんも・・・)、今年の1年間はJ SPORTSでほとんどすべてのロードレースを見てきました。

そしてついに生で本物のロードレースを見ることに!!
何ヶ月も前からこの日を楽しみにしてきました。



写真

土曜日の朝6時半に出発。
首都圏を避けて中央道〜長野道〜上信越〜北関東道路〜大田桐生ICからは一般道で。もちろん1000円!!
472km 約6時間かかりました。





写真 写真

今回の宿泊先は栃木県鹿沼市のキャンプ場。 PM1時到着。
そして急いでテントを建てて宇都宮市の市街地へ自転車で出発!!

最近買った2人用テント。1人でも設営が楽チンなので、王滝で富士見で鈴鹿でも使えるぞ〜。



写真 写真

目的はコレ!!宇都宮と言えば餃子♪ 腹をすかせるため、キャンプ場から自転車で20km漕いで行きました。

ジャパンカップのオープニングイベント会場から近い、餃子有名店をあらかじめ調べておきました。




写真 写真

『みんみん本店』と『正嗣本店』20mのところにあり、ほとんど隣どおし。どちらもすごい行列です。
迷いましたが腹ペコなのでメニューにライスがある『みんみん』へ。

『みんみん』もメニューはこれだけです。まさに餃子の町の餃子専門店。(正嗣はライスもビールもないらしい)

カミさんと2人で焼き餃子2枚、水餃子2枚、揚げ餃子1枚を食べました。

見た目と中身はふつう〜の餃子。でもさすがにウマい!!違います。
外はパリパリ、中はスゴイ肉汁。来たかいがありました!!




写真 写真

そしてジャパンカップ前日のオープニングイベント会場のオリオンスクエアへ。

安田大サーカス軍団のネタや、今中大介さんと片山右京さんのトークショー(こちらはおもしろかった。)が終わった後・・・




写真

いよいよお待ちかねのチームプレゼンテーション(選手紹介)です。
全13チーム64名が紹介されました。

日本人チームが紹介された後、いよいよヨーロッパチームの登場!!

UCIプロコンチネンタルチームの 『ISD』
僕の応援するスペシャライズドのバイクのチーム。
注目は昨年JAPAN CUP2位のヴィスコンティ(前列左)。世界選手権でもイタリアの代表選手で出場していました。



写真

UCIプロツアーチーム の『サクソバンク』
同じくスペシャのバイクチーム。

カンチェラーラ、シュレク兄弟はいないがすごいメンバー。5人中の4人が今年のツール・ド・フランスに出場。

ラーション(前列左)は今年の世界選手権のTTで銀メダル。
フォイクト(前列右)はUCIの選手会長(ある意味大物!?)。
二キ・セレンセン(中)は今年のツールでステージ優勝してました。クリス・セレンセンは1番右です。



写真

『リクイガス』登場!!

今大会の目玉、バッソ(右)が去年に続いて出場。やっぱり人気でした。
安田団長がうっとおしかった。



写真

注目チーム『ケースデパーニュ』

ホアキン・ロドリゲス(前列左)はバルベルデの相棒。

今年のブエルタではバルベルデをサポートしながら総合7位。1ヶ月前の世界選手権ロードでも銅メダル。優勝候補です。




写真

『フジ・セルヴェット』

残念ながら直前にカペッキ選手が辞退したので4人。
コーボ(左)は今年のブエルタで総合10位。ステージ優勝もしてました。優勝候補筆頭らしい。
カペッキがいればほぼベストメンバー。



写真

新城選手の『Bboxブイグテレコム』
新城選手は今回はエースらしいです。体がすごく軽いって言ってました。



写真 写真

しかし海外のロード選手はびっくりするほど足が長くて細い。
新城選手は・・・太い!!

チームプレゼンはブイグ・テレコムで終了。夜9時前です。

自転車で20km、キャンプ場まで戻りました。到着は10時半過ぎ。寒かった〜




写真

さて、ジャパン・カップ当日、早起きして自転車で14kmほどかけて会場へ。

ここがレースのスタート・ゴール地点です。

けっこう早めに着いたので、コースを試走しました。以外と自由なんです。



写真

コースの宇都宮森林公園にはキャンプ場もあります。2ヶ月前に電話しましたが予約でいっぱいでした。

でもキャンプ場外でもテント張ってるところもありました。
来年はコレだな!!



写真
 

写真

レース開始前に人気スポットの古賀志林道の上り坂頂上(山岳賞ポイント)に行き、いい場所で開始を待ちます。


写真

サポートカーやチーム関係者も来て応援グッズを配っていました。

山岳賞ポイントなのでテレビに映るらしい(真ん前にカメラがあります)。
リクイガスは山岳ポイントを緑1色にしたいと言っていました。

こんなにたくさんもらってしまった!!レース前からすごい熱気です。
J SPORTSの放送が楽しみだ。


写真 写真

こんな人達もいて山岳ポイントは熱い!!
これぞサイクルロードレースの雰囲気だ?



写真

写真

レース開始です。集団が古賀志林道の上り坂をすごいスピードで上がってきました。

僕もレース前にここまで上がりましたが(MTBで)登るだけでもきつかった。やっぱプロはすげえ!!






逃げグループが来る前に何度かオフィシャルカーやバイクが通り、両サイドに寄るように教えてくれます。

それまではコースを自転車でも移動できます。1周約14.1kmの周回コース(11周)です。

1周を約23〜24分で走ってくるので、逆算しながら好きなポイントまで移動できます。

先回りして1周の間に2度見ることもできます。









チームサポートカー。スバルがスポンサーなのですべてレガシィ。

集団について行くサポートカーのスピードを見ても選手の速さがよくわかります。

地元のチーム、宇都宮ブリッツェンは片山右京さんが運転していました。彼の走りにも注目!



写真

写真

いろんなポイントでレースを観戦。一瞬で通り過ぎるので選手一人一人はよくわからないが、すごい迫力です。




写真

給水ポイント。




写真

写真

緩やかな下りから広くて急なコーナー。

バイクを倒しながら、すんごいスピードでコーナーを抜けていきます。
集団が通りすぎる光景は圧巻です!!




 


メイン会場に行けば、大型モニターが何台もあり実況放送もながれているので、レース展開がよくわかります。




ここにもの餃子屋台があり、またも食べてしまった。
たくさんのブースがあり、まさにお祭り!!。次に集団が来るまで退屈しないです。




安田大サーカスがカツサンド売ってた。




写真




レース中も自転車で移動。長い山岳の下りだけは完全立ち入り禁止ですが、それ以外はほとんど移動可能です。

レース見ながらコースをほぼ1周してしまいました。
自転車乗りながらレース観戦、めっちゃ楽しいですよ!!

栃木放送がAMラジオで実況生中継してくれるので、メイン会場にいなくてもレース展開がわかります。


写真 写真

鶴カントリークラブの急坂。




最終周のゴール手前200m地点です。

優勝は伏兵クリスアンカー・セレンセン(サクソバンク)。
24歳と若いし来年度のシーズンでは注目ですね。生で見れたし!!

新城選手はいいところにいましたが、追い上げに足をつかい最後の直線でタレてしまいました。勝ちに行っての結果だからしょうがない。



写真

ジャパンカップ観戦、ほんとイイ!!楽しい!!
4時間のレースだが、まったく退屈しない。

ロードレースは自由♪ レース前は同じところでジッと見ているもんだと思ってた。

来年はどんなチームのどの選手が来るかな〜?今から楽しみだ!!




クメケン部屋一覧へもどる