門司港サイクリング2011年11月27日

11/26〜28 慰安旅行で門司港に寄ったのでサイクリングしてきました。

慰安旅行は九州の大分〜福岡。

前日から食って飲んでバスで移動ばかりなので、いいかげん動きたくなってきた。
北九州市の門司港観光のガイドマップを見るとレンタサイクル屋がありました。

ツアーのプランにあったトロッコ列車と昼食をキャンセルすると2時間ほど自由な時間がとれるので、自分だけ単独行動でサイクリング散策をすることにしました。


はね橋を渡ってレンタサイクルショップへ。
料金は1日500円。


海沿いはサイクリングロードになっていました。あちら岸は本州 山口県。


関門橋の真下まで来た。
上は高速道路、海の下は一般道です。


関門橋を過ぎたら『関門トンネル人道入り口』がありました。
集合時間までまだ1時間半ぐらいあったので、とりあえず行ってみることにしました。


地下まで自転車といっしょにエレベータで降りました。
下関まで約800mだそうだ。意外と近い!!


本州と九州の境目です。

トンネル内は自転車は乗れません。押して歩きます。
途中でズルして乗っちゃおうかと思ったけど、意外と人が多かったのでやめておきました。


本州上陸。
通行料は自転車20円。歩行者は0円。
料金箱は下関側のみ。
速足であるいたので10分弱でした。


下関から見た関門海峡。


こっち側も散策しようと思ったが、ガイドさんから連絡があり昼食の時間に間に合いそう。
とりあえず戻ることにしました。


まだ時間があったので、乗るはずだったトロッコ列車の終点の『関門海峡めかり駅』まで行ってみることにしました。


たまたま列車が止まっていました。
1時間に2本だけなので、もしかしてと思ってたらやっぱり会社の人たちが乗ってた。
これから折り返しみたい。


まだ時間があったので、戻りついでに『めかり公園の展望台』に行ってみることにしました。

あとでルートラボをみると、1km弱で平均12%を超える激坂でした。
特に後半は15%を超えていました。
こんなところでもヒルクライム!?


でも僕のレンタサイクルは電動アシスト小径車

レンタサイクル屋には電動アシストしかありませんでした。
そんなのいらね〜や!と平坦はOFFで走っていましたが、ここはONにしてしまいました。それでもきつかった〜


展望台からの風景 その@

そのA 関門橋の上から

そのB 門司港の町並み


そしてちゃっかり昼食の時間に戻って、みんなと門司港名物『焼きカレー』をいただきました。





今回のルートラボです。海沿いのサイクリングロードは車が通れないので拾えなかったです。

ルートは10kmちょっとですが、もっとうろうろしたので13kmぐらい走った感じかな。プラスで開門トンネルの徒歩1.6km。

短い時間だったけど、でもやっぱ観光は自転車にかぎる

おしまい。。。


トップページ

クメケン部屋へもどる