'08夏 平湯キャンプ場&乗鞍ヒルクライム 2008年10月(掲載日09年10月)




2008年の夏休みに3泊4日で行った平湯キャンプ場の紹介と乗鞍ヒルクライムの様子です。

キャンプはやっぱり3泊4日がいいです。1日目と4日目は移動や準備と帰り仕度で忙しいけど、中2日はしっかり遊べます。




このキャンプ場は今まで行った中で1番のお気に入り。(2009年10月時点です。)
サイト内も自然がいっぱいで国道沿いにあるとは思えないほど静かです。

標高1600mぐらいのところにあるので、夏休みでも涼しく夜なんか寒いぐらい。蚊なんかまったくいません。
トイレも水洗だし、炊事場もたくさんあります。



すぐとなりに大きな温泉(ひらゆの森)があり、徒歩10〜15分で行けます。しかもサイトで割引券をくれるので大人400円、小人300円とお安い。
お値打ちだと毎日行けるので助かります。



なんといっても1番いいのは、上高地・乗鞍行きのバスターミナルが歩いていけるところにあることです。
(上高地・乗鞍へはマイカー規制があり、ここからのバスでしか行けません。自転車でもいけるけどね。)



2007年の夏も平湯キャンプ場に行きましたが、そのときはバスターミナルから上高地に行ってきました。





写真 写真

写真 写真

また、サイト近くの平湯スキー場の横を少し歩くと平湯大滝公園があります。
平湯大滝もなかなかみごとだし、公園の足湯はテーブル付きのところも超デカイ。そばを食べながら足湯につかれます。




’08のうちのキャンプサイト。
3泊4日だとのんびりできるので、子供たちは夏休みの宿題もやります。

ハイシーズンは予約制ですが、チェックイン(AM8時)してから場所を探します。到着してからいい場所を探すのも楽しみの1つです。
チェックアウトは12時なので、のんびりAM11時ごろまで待つといい場所が空いてきます。




場内は広いのでマウンテンバイクがあると便利!
朝食前にバスターミナルの朝市にも気軽に行けちゃいます。



うちのキャンプの1日目の夜は焼き肉♪って決まってます。



朝食でパンを焼いてみました。もちろんコネからです。
あらかじめ家で強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを分量どおり袋に分けて用意しておきます。
(本などで作り方をみると砂糖・バターってこんなに入れるの?ってぐらいの分量なので、うちのは少なめ控えめでアッサリ系です。)

現地でぬるま湯、バターを加えてイイ感じになるまでコネます。
コネもべたつかないように打ち粉を使いながらやるので少しコツが必要です。

高原のキャンプは朝涼しいので、発酵させるのが大変。火に近いところなどで温めながら発酵させます。



うまく発酵できたら、できたも同然!
ダッチオーブンでこのように上からも下からも炭を置き、まさにオーブン状態に・・・そして15分後・・・




ジャーン!!どうよ!!
ばっちし焼きあがりました。上にのってるのはチーズとソーセージ。
昨日のカレーの残りが入ってるカレーパンもあります。

発酵に時間がかかり朝10時近くになりましたが、苦労して焼き上げた手作りパンは最高にうまいです。

普段は料理はほとんどやらない僕ですが、キャンプになるとなぜか父ちゃんがんばっちゃいます。

写真 写真

長年、愛用しているうちのダッチオーブン。
よく油を吸い込み、みごとにブラックポットになっています。半年ぶりに使ってもまったく錆びることもありません。

キャンプやバーベキュウでも大活躍!宝物です。



4日目の朝ご飯。
バスターミナルにある朝市で買ってきた、トマトとすもも。安くて新鮮でうまい!



《ここからは乗鞍ヒルクライム&登山です。》



2日目に乗鞍に行ってきました。
前日の夜中から早朝まで雨がパラついていたので中止か迷いましたが、予報は曇りだったので決行しました。

当初の予定どおり僕は自転車で。嫁と子供はバスで行きます。
バスの時刻表の到着時間に合わせて、僕は早めに出発。
まだ路面も濡れており、真夏だというのに19°。下でこんなんだから乗鞍畳平は相当寒そうです。



平湯峠です。つぶれたレストハウスが目印。(画像は前日に車で通ったときの写真)
キャンプ場からここまで約5km。ここまでもほとんど上りぱなしのヒルクライムです。

平湯峠からが乗鞍スカイライン(岐阜県側)の入り口です。(ここからマイカーあり。)約14kmのヒルクライムのはじまりです。

写真 写真

道中はすごい霧。人はまったくいなく、たまにバスが通るだけなので、すごい静けさです。




乗鞍畳平に到着しました。後から来た自転車乗りと写真の撮りあいっこをしました。やっぱ上は寒いです。

写真 写真

バスで先に上がっていた家族と合流。
自転車用のビンディングシューズから、持ってきてもらった靴に履き替えて乗鞍の最高峰・剣ヶ峰(標高3026m)まで登山します。

写真 写真

写真 写真

相変わらずのすごい霧。
途中まではなだらかなハイキングコースですが、剣ヶ峰口からは岩場で登りがきつくなり山登りっぽくなります。



そして剣ヶ峰登頂です!!

まわりの景色はまったく見えましぇ〜ん。4年生と2年生の子供もよくがんばって登りました。
登山いっても畳平からは子供の足も片道2時間ぐらい。途中、登って下るので標高にしたら約300m登っただけです。

さすがにレーパンで剣ヶ峰登山しているおバカちんは僕だけでした。さぶかったっす。

写真 写真

写真 写真

さて帰りの下りですが、霧が少しずつはれてきました。
下りは危ないので岩を転がさないようにゆっくり下ります。

写真 写真

左の画像が行きの剣ヶ峰口。 右が帰りの剣ヶ峰口。
2時間足らずでこんなにも変化します。山の気候ってすごい。

写真 写真

写真 写真

行きはまったく見えなかったですが、帰りはこんなにいい景色になりました。
晴れてくれてよかった〜!!

写真 写真

無事に畳平に戻り、そろそろ自転車で下ります。
朝はそんなにいなかったですが、昼すぎになるとやはり自転車乗りがたくさんいました。




畳平は長野と岐阜の県境。
今回は岐阜県側の乗鞍スカイラインから登りましたが、いつかは長野県側からのエコーライン(乗鞍ヒルクライムの舞台、king of 峠)から登ってみたいです。

写真 写真

乗鞍スカイラインの下りです。
19kmのダウンヒル。ウインドブレーカーを着ていたが寒〜い。
でも景色は最高でした。
とくに桔梗ヶ原あたりは絶景でしたよ。



前を走ってるのは子供と嫁さんが乗ってるバスです。バスは40kmで走っているので、下りは自転車のほうが断然速い。

でも追い抜きは危ないし、乗鞍自転車禁止など問題になりかねないので休憩しながらのんびり下りました。





07年と08年と2年連続で平湯キャンプ場に行ったので、09年の夏はひるがの高原に行きました。

2010年はまた平湯にしようかなあ・・・

今度はバスでなく自転車でまた上高地に行ってみようかな?












クメケン部屋一覧へもどる