MTB組み立て 2009年2月5日掲載





今までこつこつオークションなどで部品を揃えて、旧車に取付けていました。 しかし、この度とうとうフレームを購入、モデルはチョット古いですが新品です。 という事で、旧車からFフォーク、ブレーキなど、めぼしい物を移殖する事に・・・。 ディレーラー、シフターなどは新規購入しました。 家族の冷たい視線をよそに、和室にブルーシートを広げて組み立てスタート。
と言っても、クランクだけは専用工具が必要なので、何でも持ってるクメケンに貸してもらって会社で組付けました。




ヘッドパーツを圧入する時はチョットどきどきしましたが、何とか取付きました。ハンドル、サドルも付いて、だんだんMTBらしくなってきました






子供用の鉄棒にMTBをぶら下げて(コレが便利!)、シフター、ディレーラー、リヤタイヤを取付けて、F/Rのディレーラーの調整です。リヤブレーキの調整もこの状態で行いました。






難なく組み上がっていっている様に見えますが、実はいざ組み始めると、あの 部品が無い、この部品が無い、で何度も近くの自転車屋さんに買いに行きました。スペーサ、シフト用アウターチューブ、などなど・・・この辺が素人シロウトだよね。






そんなこんなで深夜1:30完成!
その後、真夜中にニヤニヤしながら近所をぐるぐる走り、公園の階段を下ってました。

さーこれからもMTB楽しむぞーーー!! V(^o^)V

後日、旧車もちゃんと走れるように組みましたよ、ママチャリに変身?(T_T


もどる