MTBディスクローター脱着とパッド交換2011年11月9日 

前回の走行時に、MTBのブレーキの鳴きが酷かったのでパッドとエア抜きを行う事にしました。



以前はレジンパッドを装着してたのですが、メタルのほうが効きがよいという事なので、今回はメタルを購入しました。









作業に取り掛かる前に

ゴム手袋をはめます。夏場は蒸れてとても使い物になりませんが
今日は涼しいので問題ありません。






まずはエア抜きです
ブレーキレバーを握ったりしながらエアを抜きます。
赤丸がエアです。かなり混入してました、そりゃ効きが悪いわけだ!




夕方から作業をはじめたので、日がくれて暗くなってしまいまいた。
エア抜きも終了したので、今度は室内に移動してパッドの交換をします


ついでにブレーキローターも洗浄するのでローターを外します。
センタロックローターなのでスプロケット抜きを使用します。




こんな感じで入れます

反時計回りにまわします。

リングが外れて

ローターが外れます



ついでにスプロケットも外します

ローターは洗剤で洗います。



綺麗になったローターを取り付けて

今度はパッドの交換です

パッドの押さえを外し

パッドを取り出します

新しいパッドです

装着完了です




隊長部屋へ戻る

トップページ